このエントリーをはてなブックマークに追加

12月

18

NewRelicを活用してユーザーエクスペリエンスを可視化

~New Relic Browser/Synthetics/Insightのご紹介~

Organizing : 日商エレクトロニクス株式会社

Hashtag :#NewRelic
Registration info

参加枠

Free

FCFS
0/30

Description

New Relic APMを活用されるお客様が増えてきましたが、最近クライアントサイドのパフォーマンス監視を実施したい、 ダッシュボードはどうやって活用していくの?といったご相談が寄せられるようになってきました。

本セミナーでは、New Relicユーザー様を対象にNew Relic Browser/Synthetics/Insightをご紹介します。 New Relicを活用して、皆さまがご提供するサービス品質をより向上するためのヒントになれば幸いです。 またセミナー後半では、懇親会・相談会も実施させていただきますので、ぜひこの機会をご活用ください。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

日時

2018年12月18日(火)18:30~21:30(受付開始18:15)

場所

日商エレクトロニクス株式会社 〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5 麹町三葉ビル6F

●東京メトロ有楽町線「麹町」5番出口より徒歩1分

●東京メトロ半蔵門線「半蔵門」5番出口より徒歩7分

●JR総武線・東京メトロ有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷」3番出口より徒歩8分

●JR総武線・中央線・東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ッ谷」JR四ッ谷麹町口より徒歩9分

定員

30名(事前申込制/無料)

主催

日商エレクトロニクス株式会社

プログラム

【1】ご挨拶および連絡事項

【2】クライアントサイドのパフォーマンスを監視する!「New Relic Browser & Synthetics」 

ウェブアプリケーションの処理時間において、その約80%がフロントエンドで消費されると言われております。そのような中でUXを向上させる為に、クライアントサイドでのパフォーマンス監視は必要不可欠と言えるでしょう。 本セッションでは、New Relic Browser、New Relic Syntheticsを用いて、サービスを利用するお客様のUXを包括的に可視化する方法についてデモンストレーションを交えながら解説します。

【3】リアルタイム分析プラットフォーム「Insight」を活用しよう!

様々なデータを一元的に収集し、ユーザ体験(UX)に伴うフロントエンドのインタラクションからサーバサイドのトランザクション、さらにビジネスデータまで統合的に可視化する「New Relic Insight」をご紹介します。 本機能を利用し、組織横断でリアルタイムなデータ共有を始めてみましょう。

【4】質疑応答・懇親会

軽食とお飲み物を用意しております。 ざっくばらんな情報交換の場としてお気軽にご参加ください。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

NISSHO_ELECTRONICS

NISSHO_ELECTRONICS さんが書き込みました。

2018/12/14 17:57

New Relicの「Browser」「Synthetics」「Insight」に関するセミナーを開催します。こちらのConnpassでも募集中です。是非ご参加下さい!

NISSHO_ELECTRONICS

NISSHO_ELECTRONICS published NewRelicを活用してユーザーエクスペリエンスを可視化.

11/29/2018 15:04

NewRelicを活用してユーザーエクスペリエンスを可視化 を公開しました!

Group

Digital Transformationへの旅

Number of events 14

Members 92

Ended

2018/12/18(Tue)

18:30
21:30

Registration Period
2018/11/29(Thu) 13:00 〜
2018/12/18(Tue) 12:00

Location

日商エレクトロニクス株式会社 東京本社

〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5 麹町三葉ビル6F

Organizer